「灰」の書き方

[スポンサーリンク]
灰

音訓(読み): カイ、はい、あく[常用外]

ポイントなど:
横線、「ノ」、「火」の順です。
「火山灰(カザンバイ)」、「灰皿(はいざら)」、「灰色(はいいろ)」、「灰白色(カイハクショク)」、「石灰(セッカイ)」、「灰塵(カイジン)」、「灰燼(カイジン)」、「降灰(コウはい、コウカイ)」、「灰汁(カイジュウ、あく、あくじる)」

書体による違い
飲灰洗胃 (いんかいせんい)
灰心喪意 (かいしんそうい)
灰心喪気 (かいしんそうき)
寒灰枯木 (かんかいこぼく)
棄灰之計 (きかいのけい)
灰身滅智 (けしんめっち)
槁木死灰 (こうぼくしかい)
枯木寒灰 (こぼくかんかい)
枯木死灰 (こぼくしかい)
枯木冷灰 (こぼくれいかい)
死灰再燃 (しかいさいねん)
死灰復燃 (しかいふくねん)
乱離骨灰 (らりこっぱい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>