「百」の書き方

[スポンサーリンク]
百

音訓(読み): ヒャク、ハク[常用外]、もも[常用外]

ポイントなど:
一画目の横線を長めに書くと全体が整います。
「九百(クヒャク)」、「数百(スウヒャク)」、「八百屋(やおや)」、「八百長(やおちょう)」、「百科全書(ヒャッカゼンショ)」、「百貨店(ヒャッカテン)」、「百姓(ヒャクショウ)」、「百分率(ヒャクブンリツ)」、「凡百(ボンピャク)」、「百合(ゆり)」、「百舌(もず)」、「百足(むかで)」、「百歳(ももとせ)」、「百日紅(さるすべり)」、「八百万(やおよろず)」

書体による違い
一字百金 (いちじひゃっきん)
一樹百穫 (いちじゅひゃっかく)
一人当百 (いちにんとうひゃく)
一罰百戒 (いちばつひゃっかい)
一粒百行 (いちりゅうひゃくぎょう)
一了百当 (いちりょうひゃくとう)
一了百了 (いちりょうひゃくりょう)
一呼百応 (いっこひゃくおう)
一呼百諾 (いっこひゃくだく)
一瀉百里 (いっしゃひゃくり)
一致百慮 (いっちひゃくりょ)
一擲百万 (いってきひゃくまん)
一斗百篇 (いっとひゃっぺん)
一斗百編 (いっとひゃっぺん)
勧百諷一 (かんびゃくふういつ)
九流百家 (きゅうりゅうひゃっか)
議論百出 (ぎろんひゃくしゅつ)
譎詐百端 (けっさひゃくたん)
三百代言 (さんびゃくだいげん)
四百四病 (しひゃくしびょう)
四百余州 (しひゃくよしゅう)
千孔百瘡 (せんこうひゃくそう)
千瘡百孔 (せんそうひゃっこう)
千方百計 (せんぽうひゃっけい)
千磨百錬 (せんまひゃくれん)
斗酒百篇 (としゅひゃっぺん)
読書百遍 (どくしょひゃっぺん)
年百年中 (ねんびゃくねんじゅう)
百代過客 (はくたいのかかく)
破綻百出 (はたんひゃくしゅつ)
百依百順 (ひゃくいひゃくじゅん)
百依百随 (ひゃくいひゃくずい)
百載無窮 (ひゃくさいむきゅう)
百挫不折 (ひゃくざふせつ)
百尺竿頭 (ひゃくしゃくかんとう)
百縦千随 (ひゃくしょうせんずい)
百術千慮 (ひゃくじゅつせんりょ)
百順百依 (ひゃくじゅんひゃくい)
百世之師 (ひゃくせいのし)
百世之利 (ひゃくせいのり)
百世不易 (ひゃくせいふえき)
百世不羈 (ひゃくせいふき)
百世不磨 (ひゃくせいふま)
百尺竿頭 (ひゃくせきかんとう)
百折不撓 (ひゃくせつふとう)
百川学海 (ひゃくせんがっかい)
百川帰海 (ひゃくせんきかい)
百戦百勝 (ひゃくせんひゃくしょう)
百川赴海 (ひゃくせんふかい)
百戦錬磨 (ひゃくせんれんま)
百戦練磨 (ひゃくせんれんま)
百鍛千練 (ひゃくたんせんれん)
百端待挙 (ひゃくたんたいきょ)
百代過客 (ひゃくだいのかかく)
百二河山 (ひゃくにのかざん)
百二山河 (ひゃくにのさんが)
百人百態 (ひゃくにんひゃくたい)
百人百様 (ひゃくにんひゃくよう)
百年河清 (ひゃくねんかせい)
百年大計 (ひゃくねんたいけい)
百年之業 (ひゃくねんのぎょう)
百年大計 (ひゃくねんのたいけい)
百年之柄 (ひゃくねんのへい)
百八煩悩 (ひゃくはちぼんのう)
百売千買 (ひゃくばいせんばい)
百福荘厳 (ひゃくふくしょうごん)
百聞一見 (ひゃくぶんいっけん)
百万長者 (ひゃくまんちょうじゃ)
百味飲食 (ひゃくみのおんじき)
百薬之長 (ひゃくやくのちょう)
百様依順 (ひゃくよういじゅん)
百様玲瓏 (ひゃくようれいろう)
百里之才 (ひゃくりのさい)
百里之命 (ひゃくりのめい)
百慮一失 (ひゃくりょのいっしつ)
百慮一得 (ひゃくりょのいっとく)
百伶百利 (ひゃくれいひゃくり)
百錬成鋼 (ひゃくれんせいこう)
百錬之鋼 (ひゃくれんのはがね)
百怪魑魅 (ひゃっかいちみ)
百家九流 (ひゃっかきゅうりゅう)
百花斉放 (ひゃっかせいほう)
百家争鳴 (ひゃっかそうめい)
百下百全 (ひゃっかひゃくぜん)
百花繚乱 (ひゃっかりょうらん)
百鬼夜行 (ひゃっきやぎょう)
百挙百捷 (ひゃっきょひゃくしょう)
百挙百全 (ひゃっきょひゃくぜん)
百計千方 (ひゃっけいせんぽう)
百孔千瘡 (ひゃっこうせんそう)
百口嘲謗 (ひゃっこうちょうぼう)
百古不磨 (ひゃっこふま)
百発百中 (ひゃっぱつひゃくちゅう)
百福荘厳 (ひゃっぷくしょうごん)
百歩穿楊 (ひゃっぽせんよう)
武芸百般 (ぶげいひゃっぱん)
文武百官 (ぶんぶひゃっかん)
変態百出 (へんたいひゃくしゅつ)
百舌勘定 (もずかんじょう)
勇気百倍 (ゆうきひゃくばい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>