「秀」の書き方

[スポンサーリンク]
秀

音訓(読み): シュウ、ひい(でる)

ポイントなど:
「乃」は「ノ」から書きます。
「秀逸(シュウイツ)」、「秀才(シュウサイ)」、「秀峰(シュウホウ)」、「俊秀(シュンシュウ)」、「優秀(ユウシュウ)」、「秀作(シュウサク)」

書体による違い
栄華秀英 (えいかしゅうえい)
胸襟秀麗 (きょうきんしゅうれい)
閨英閣秀 (けいえいかくしゅう)
刻露清秀 (こくろせいしゅう)
山清水秀 (さんせいすいしゅう)
山明水秀 (さんめいすいしゅう)
秀外恵中 (しゅうがいけいちゅう)
秀色神采 (しゅうしょくしんさい)
秀麗皎潔 (しゅうれいこうけつ)
尺二秀才 (せきじのしゅうさい)
麦秀黍離 (ばくしゅうしょり)
麦秀之歌 (ばくしゅうのうた)
麦秀之嘆 (ばくしゅうのたん)
麦秀之歎 (ばくしゅうのたん)
麦秀之嘆 (ばくしゅうのなげき)
眉目俊秀 (びもくしゅんしゅう)
眉目清秀 (びもくせいしゅう)
両岐麦秀 (りょうきばくしゅう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>