「車」の書き方

[スポンサーリンク]
車

音訓(読み): シャ、くるま

ポイントなど:
横線、「日」、横線、最後に縦線を書きます。
「下車(ゲシャ)」、「汽車(キシャ)」、「客車(キャクシャ)」、「香車(キョウシャ)」、「山車(だし)」、「歯車(はぐるま)」、「車庫(シャコ)」、「車軸(シャジク)」、「車掌(シャショウ)」、「車窓(シャソウ)」、「車輪(シャリン)」、「乗車(ジョウシャ)」、「乗車券(ジョウシャケン)」、「装甲車(ソウコウシャ)」、「駐車(チュウシャ)」、「停車(テイシャ)」、「電車(デンシャ)」、「馬車(バシャ)」、「拍車(ハクシャ)」、「風車(かざぐるま)」、「列車(レッシャ)」、「滑車(カッシャ)」、「口車(くちぐるま)」

書体による違い
安車軟輪 (あんしゃなんりん)
安車蒲輪 (あんしゃほりん)
快犢破車 (かいとくはしゃ)
驥服塩車 (きふくえんしゃ)
宮車晏駕 (きゅうしゃあんが)
宮車晩駕 (きゅうしゃばんが)
禽困覆車 (きんこんふくしゃ)
軽車熟路 (けいしゃじゅくろ)
懸車告老 (けんしゃこくろう)
懸車致仕 (けんしゃちし)
懸車之年 (けんしゃのとし)
高車駟馬 (こうしゃしば)
後車之誡 (こうしゃのいましめ)
三車火宅 (さんしゃかたく)
舐痔得車 (しじとくしゃ)
車胤聚蛍 (しゃいんしゅうけい)
車魚之嘆 (しゃぎょのたん)
車魚之嘆 (しゃぎょのなげき)
車蛍孫雪 (しゃけいそんせつ)
車載斗量 (しゃさいとりょう)
車水馬竜 (しゃすいばりょう)
車轍馬跡 (しゃてつばせき)
車馬剣戟 (しゃばけんげき)
唇歯輔車 (しんしほしゃ)
乗車之会 (じょうしゃのかい)
乗輿車駕 (じょうよしゃが)
前車之鑑 (ぜんしゃのかん)
前車覆轍 (ぜんしゃのふくてつ)
前車覆轍 (ぜんしゃふくてつ)
束馬懸車 (そくばけんしゃ)
素車白馬 (そしゃはくば)
致仕懸車 (ちしけんしゃ)
擲果満車 (てきかまんしゃ)
擲果満車 (てっかまんしゃ)
泥車瓦狗 (でいしゃがこう)
螳臂当車 (とうひとうしゃ)
軟紅車塵 (なんこうしゃじん)
杯水車薪 (はいすいしゃしん)
覆車之戒 (ふくしゃのいましめ)
兵車之会 (へいしゃのかい)
兵車之属 (へいしゃのぞく)
輔車唇歯 (ほしゃしんし)
輔車相依 (ほしゃそうい)
奔車朽索 (ほんしゃきゅうさく)
麪市塩車 (めんしえんしゃ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>