「泥」の書き方

[スポンサーリンク]
泥

音訓(読み): デイ、どろ、なず(む)[常用外]

ポイントなど:
さんずいに、「尼」です。
「雲泥(ウンデイ)」、「拘泥(コウデイ)」、「泥沼(どろぬま)」、「泥土(デイド)」、「泥棒(どろぼう)」、「泥水(デイスイ、どろみず)」、「泥酔(デイスイ)」

書体による違い
雲泥異路 (うんでいいろ)
雲泥之差 (うんでいのさ)
雲泥万天 (うんでいばんてん)
雲泥万里 (うんでいばんり)
合水和泥 (がっすいわでい)
金泥精描 (きんでいせいびょう)
月鼈雲泥 (げつべつうんでい)
紺紙金泥 (こんしこんでい)
雪泥鴻爪 (せつでいこうそう)
雪泥鴻爪 (せつでいのこうそう)
滞滞泥泥 (たいたいでいでい)
泥牛入海 (でいぎゅうにゅうかい)
泥車瓦狗 (でいしゃがこう)
泥首銜玉 (でいしゅかんぎょく)
泥船渡河 (でいせんとか)
泥中之蓮 (でいちゅうのはす)
泥中之蓮 (でいちゅうのはちす)
和泥合水 (わでいがっすい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>