「法」の書き方

[スポンサーリンク]
法

音訓(読み): ホウ、ハッ、ホッ、のり[常用外]、のっと(る)[常用外]、フラン[常用外]

ポイントなど:
さんずいに、「去」です。
「違法(イホウ)」、「泳法(エイホウ)」、「擬人法(ギジンホウ)」、「刑法(ケイホウ)」、「憲法(ケンポウ)」、「拳法(ケンポウ)」、「尺貫法(シャッカンホウ)」、「遵法(ジュンポウ)」、「寸法(スンポウ)」、「不作法(ブサホウ)」、「文法(ブンポウ)」、「便法(ベンポウ)」、「方法(ホウホウ)」、「法会(ホウエ)」、「法皇(ホウオウ)」、「法主(ホッス・ホウシュ・ホッシュ)」、「法曹(ホウソウ)」、「法曹界(ホウソウカイ)」、「法則(ホウソク)」、「法廷(ホウテイ)」、「法度(ハット)」、「法律(ホウリツ)」、「法令(ホウレイ)」、「魔法(マホウ)」、「六法(ロッポウ)」

書体による違い
一塵法界 (いちじんほっかい)
因機説法 (いんきせっぽう)
永字八法 (えいじはっぽう)
横行不法 (おうこうふほう)
枉法徇私 (おうほうじゅんし)
王法為本 (おうぼういほん)
口不調法 (くちぶちょうほう)
現身説法 (げんしんせっぽう)
業果法然 (ごうかほうねん)
三蔵法師 (さんぞうのほっし)
三蔵法師 (さんぞうほうし)
三段論法 (さんだんろんぽう)
春秋筆法 (しゅんじゅうのひっぽう)
逍遥法外 (しょうようほうがい)
初転法輪 (しょてんぼうりん)
諸法無我 (しょほうむが)
自受法楽 (じじゅほうらく)
自然法爾 (じねんほうに)
自然法然 (じねんほうねん)
随宜説法 (ずいぎせっぽう)
是生滅法 (ぜしょうめっぽう)
対機説法 (たいきせっぽう)
大法小廉 (たいほうしょうれん)
誅心之法 (ちゅうしんのほう)
天下法度 (てんかはっと)
道揆法守 (どうきほうしゅ)
如法暗夜 (にょほうあんや)
腹誹之法 (ふくひのほう)
舞文巧法 (ぶぶんこうほう)
舞文弄法 (ぶぶんろうほう)
変法自強 (へんぽうじきょう)
法界悋気 (ほうかいりんき)
奉公守法 (ほうこうしゅほう)
法性自爾 (ほうしょうじに)
法統連綿 (ほうとうれんめん)
法爾自然 (ほうにじねん)
法爾法然 (ほうにほうねん)
法誉無上 (ほうよむじょう)
法華三昧 (ほっけざんまい)
法華七喩 (ほっけしちゆ)
末法末世 (まっぽうまっせ)
三日法度 (みっかはっと)
妙法一乗 (みょうほういちじょう)
無法千万 (むほうせんばん)
無法之法 (むほうのほう)
無理無法 (むりむほう)
文字法師 (もんじのほうし)
約法三章 (やくほうさんしょう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>