「空」の書き方

[スポンサーリンク]
空

音訓(読み): クウ、そら、あ(く)、あ(ける)、から、あな[常用外]、うろ[常用外]、うつ(ろ)[常用外]、むな(しい)[常用外]、す(く)[常用外]、うつ(ける)[常用外]

ポイントなど:
最後は「エ」で「土」ではありません
「架空(カクウ)」、「寒空(さむぞら)」、「虚空(コクウ)」、「空虚(クウキョ)」、「空軍(クウグン)」、「空港(クウコウ)」、「空手(からて)」、「空手形(からてがた)」、「空色(そらいろ)」、「空前(クウゼン)」、「空想(クウソウ)」、「空洞(クウドウ)」、「空腹(クウフク)」、「空欄(クウラン)」、「航空(コウクウ)」、「上空(ジョウクウ)」、「青空(あおぞら)」、「空気(クウキ)」、「真空(シンクウ)」、「空言(そらごと)」

書体による違い
一雁高空 (いちがんこうくう)
一切皆空 (いっさいかいくう)
迂疎空闊 (うそくうかつ)
海闊天空 (かいかつてんくう)
架空無稽 (かくうむけい)
机上空論 (きじょうのくうろん)
跫音空谷 (きょうおんくうこく)
空空寂寂 (くうくうじゃくじゃく)
空空漠漠 (くうくうばくばく)
空花乱墜 (くうげらんつい)
空谷跫然 (くうこくきょうぜん)
空谷之音 (くうこくのおん)
空谷跫音 (くうこくのきょうおん)
空谷足音 (くうこくのそくおん)
空山一路 (くうざんいちろ)
空手還郷 (くうしゅげんきょう)
空即是色 (くうそくぜしき)
空中楼閣 (くうちゅうのろうかく)
空中楼台 (くうちゅうろうだい)
空理空論 (くうりくうろん)
空梁月落 (くうりょうげつらく)
曠前空後 (こうぜんくうご)
五蘊皆空 (ごうんかいくう)
五蘊空寂 (ごうんくうじゃく)
三輪空寂 (さんりんくうじゃく)
三輪体空 (さんりんたいくう)
色即是空 (しきそくぜくう)
紙上空論 (しじょうのくうろん)
十室九空 (じっしつきゅうくう)
赤手空拳 (せきしゅくうけん)
箪瓢屡空 (たんぴょうるくう)
天空海闊 (てんくうかいかつ)
天馬行空 (てんばこうくう)
徒手空拳 (としゅくうけん)
白駒空谷 (はっくくうこく)
匏瓜空繋 (ほうかくうけい)
万里一空 (ばんりいっくう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>