「和」の書き方

[スポンサーリンク]
和

音訓(読み): ワ、オ、やわ(らぐ)、やわ(らげる)、なご(む)、なご(やか)、カ[常用外]、あ(える)[常用外]、な(ぐ)[常用外]

ポイントなど:
「禾」に「口」です。
「穏和(オンワ)」、「緩和(カンワ)」、「柔和(ニュウワ)」、「昭和(ショウワ)」、「大和(やまと)」、「調和(チョウワ)」、「日和(ひより)」、「平和(ヘイワ)」、「飽和(ホウワ)」、「融和(ユウワ)」、「和解(ワカイ)」、「和服(ワフク)」、「和睦(ワボク)」、「元和(げんな)」、「胡麻和(ごまあえ)」、「三和土(たたき)」、「和気藹藹(わきあいあい)」、「和泉(いずみ)」、「和布(わかめ)」、「冲和(チョンボ)」、「和和(にこにこ)」、「和歌山(わかやま)」、「和紙(ワシ)」、「和食(ワショク)」、「和尚(オショウ、カショウ、ワジョウ)」

書体による違い
一団和気 (いちだんのわき)
一堂和気 (いちどうのわき)
陰陽和合 (いんようわごう)
音声相和 (おんせいそうわ)
温和勤勉 (おんわきんべん)
温和丁寧 (おんわていねい)
温和篤厚 (おんわとっこう)
温和怜悧 (おんわれいり)
和気香風 (かきこうふう)
和氏之璧 (かしのへき)
合水和泥 (がっすいわでい)
規制緩和 (きせいかんわ)
琴瑟相和 (きんしつそうわ)
琴瑟調和 (きんしつちょうわ)
琴瑟之和 (きんしつつのわ)
琴瑟和同 (きんしつわどう)
恵風和暢 (けいふうわちょう)
四宇和平 (しうわへい)
春和景明 (しゅんわけいめい)
心正気和 (しんせいきわ)
心平気和 (しんぺいきわ)
心平徳和 (しんぺいとくわ)
隋和之材 (ずいかのざい)
隋和之宝 (ずいかのたから)
随珠和璧 (ずいしゅかへき)
隋珠和璧 (ずいしゅかへき)
端正和顔 (たんせいわがん)
沖和之気 (ちゅうわのき)
適怨清和 (てきえんせいわ)
同而不和 (どうじふわ)
内峻外和 (ないしゅんがいわ)
柔和温順 (にゅうわおんじゅん)
不協和音 (ふきょうわおん)
付和随行 (ふわずいこう)
平和共存 (へいわきょうぞん)
卞和泣璧 (べんかきゅうへき)
卞和之璧 (べんかのへき)
用和為貴 (ようわいき)
雷同付和 (らいどうふわ)
六親不和 (ろくしんふわ)
和顔愛語 (わがんあいご)
和顔悦色 (わがんえつしょく)
和気藹藹 (わきあいあい)
和気靄然 (わきあいぜん)
和気洋洋 (わきようよう)
和敬清寂 (わけいせいじゃく)
和羹塩梅 (わこうあんばい)
和光混俗 (わこうこんぞく)
和光垂迹 (わこうすいじゃく)
和光同塵 (わこうどうじん)
和魂漢才 (わこんかんさい)
和而不同 (わじふどう)
和衷共済 (わちゅうきょうさい)
和衷協同 (わちゅうきょうどう)
和泥合水 (わでいがっすい)
和風慶雲 (わふうけいうん)
和風細雨 (わふうさいう)
和容悦色 (わようえつしょく)
和洋折衷 (わようせっちゅう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>