「冠」の書き方

[スポンサーリンク]
冠

音訓(読み): カン、かんむり、かむ(る)[常用外]

ポイントなど:
最後に「寸」のテンを書きます。
「栄冠(エイカン)」、「王冠(オウカン)」、「冠詞(カンシ)」、「戴冠(タイカン)」、「冠省(カンショウ)」

書体による違い
衣冠盛事 (いかんせいじ)
一世之冠 (いっせいのかん)
海内冠冕 (かいだいのかんべん)
冠前絶後 (かんぜんぜつご)
冠履転倒 (かんりてんとう)
冠履倒易 (かんりとうえき)
冠履倒置 (かんりとうち)
玉趾珠冠 (ぎょくししゅかん)
桂冠詩人 (けいかんしじん)
殺頭便冠 (さいとうべんかん)
楚囚南冠 (そしゅうなんかん)
朝衣朝冠 (ちょういちょうかん)
張冠李戴 (ちょうかんりたい)
怒髪指冠 (どはつしかん)
怒髪衝冠 (どはつしょうかん)
被髪纓冠 (ひはつえいかん)
武勇冠世 (ぶゆうかんせい)
偏旁冠脚 (へんぼうかんきゃく)
無位無冠 (むいむかん)
沐猴而冠 (もっこうじかん)
優孟衣冠 (ゆうもういかん)
優孟衣冠 (ゆうもうのいかん)
李下之冠 (りかのかんむり)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>