「品」の書き方

[スポンサーリンク]
品

音訓(読み): ヒン、しな、ホン[常用外]

ポイントなど:
左下の「口」をやや小さめに書くとバランスが整います。
「逸品(イッピン)」、「作品(サクヒン)」、「手品(てじな)」、「上品(ジョウヒン)」、「売品(バイヒン)」、「必需品(ヒツジュヒン)」、「品詞(ヒンシ)」、「品種(ヒンシュ)」、「品薄(しなうす)」、「品評(ヒンピョウ)」、「品物(しなもの)」

書体による違い
許劭品題 (きょしょうひんだい)
九品往生 (くほんおうじょう)
九品浄土 (くほんじょうど)
九品之台 (くほんのうてな)
九品蓮台 (くほんれんだい)
人品骨柄 (じんぴんこつがら)
評頭品足 (ひょうとうひんそく)
品行方正 (ひんこうほうせい)
品性下劣 (ひんせいげれつ)
品性高潔 (ひんせいこうけつ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>