「将」の書き方

[スポンサーリンク]
将

音訓(読み): ショウ、はた[常用外]、ひき(いる)[常用外]、まさ(に)[常用外]

ポイントなど:
縦線、上から点、下から点、と書き始めます。
「准将(ジュンショウ)」、「将棋(ショウギ)」、「将校(ショウコウ)」、「将来(ショウライ)」、「大将(タイショウ)」、「将軍(ショウグン)」、「将帥(ショウスイ)」

書体による違い
一将万骨 (いっしょうばんこつ)
王侯将相 (おうこうしょうしょう)
王侯将相 (おうこうしょうそう)
干将莫邪 (かんしょうばくや)
餓鬼大将 (がきだいしょう)
殺妻求将 (さっさいきゅうしょう)
射将先馬 (しゃしょうせんば)
出将入相 (しゅっしょうにゅうしょう)
将錯就錯 (しょうさくしゅうさく)
将門有将 (しょうもんゆうしょう)
大樹将軍 (たいじゅしょうぐん)
田園将蕪 (でんえんしょうぶ)
日就月将 (にっしゅうげっしょう)
敗軍之将 (はいぐんのしょう)
不将不逆 (ふしょうふぎゃく)
不将不迎 (ふしょうふげい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>