「座」の書き方

[スポンサーリンク]
座

音訓(読み): ザ、すわ(る)、いま(す)[常用外]

ポイントなど:
「广」、「人人」、縦、「二」の順です。
「一座(イチザ)」、「玉座(ギョクザ)」、「座右(ザユウ)」、「座席(ザセキ)」、「座禅(ザゼン)」、「座談(ザダン)」、「星座(セイザ)」、「鎮座(チンザ)」、「胡座(あぐら)」

書体による違い
帰家穏座 (きかおんざ)
跪座低頭 (きざていとう)
行住座臥 (ぎょうじゅうざが)
結跏趺座 (けっかふざ)
座右之銘 (ざうのめい)
座食逸飽 (ざしょくいっぽう)
座薪懸胆 (ざしんけんたん)
座右之銘 (ざゆうのめい)
只管打座 (しかんたざ)
衆人環座 (しゅうじんかんざ)
常住座臥 (じょうじゅうざが)
日常座臥 (にちじょうざが)
股座膏薬 (またぐらこうやく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>