「象」の書き方

[スポンサーリンク]
象

音訓(読み): ショウ、ゾウ、かたち[常用外]、かたど(る)[常用外]

ポイントなど:
特に、後半の字形、筆順(書き順)に留意しましょう。
「印象(インショウ)」、「巨象(キョゾウ)」、「現象(ゲンショウ)」、「捨象(シャショウ)」、「象牙(ゾウゲ)」、「象眼(ゾウガン)」、「象徴(ショウチョウ)」、「対象(タイショウ)」、「抽象(チュウショウ)」、「有象無象(ウゾウムゾウ)」、「象形(ショウケイ)」、「四象(シショウ)」、「椿象(かめむし)」

書体による違い
印象批評 (いんしょうひひょう)
有象無象 (うぞうむぞう)
気象勇健 (きしょうゆうけん)
玉杯象箸 (ぎょくはいぞうちょ)
現象世界 (げんしょうせかい)
象牙之塔 (ぞうげのとう)
象箸玉杯 (ぞうちょぎょくはい)
天地万象 (てんちばんしょう)
竜象之力 (りゅうぞうのちから)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>