「管」の書き方

[スポンサーリンク]
管

音訓(読み): カン、くだ、ふえ[常用外]、つかさど(る)[常用外]

ポイントなど:
たけかんむりに「官」です。
「管轄(カンカツ)」、「管制(カンセイ)」、「管理(カンリ)」、「鉄管(テッカン)」、「毛細管(モウサイカン)」

書体による違い
管窺之見 (かんきのけん)
管窺蠡測 (かんきれいそく)
管中窺天 (かんちゅうきてん)
管中窺豹 (かんちゅうきひょう)
管仲随馬 (かんちゅうずいば)
管豹一斑 (かんぴょういっぱん)
管鮑之交 (かんぽうのこう)
管鮑之交 (かんぽうのまじわり)
詩歌管弦 (しいかかんげん)
詩歌弦管 (しいかげんかん)
只管打坐 (しかんたざ)
只管打座 (しかんたざ)
双管斉下 (そうかんせいか)
繁絃急管 (はんげんきゅうかん)
用管窺天 (ようかんきてん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>