「呑」の書き方

[スポンサーリンク]
呑

音訓(読み): ドン、トン、の(む)

ポイントなど:
「ノ」、横線の順に書きます。
横、横、と書き始める字形は同字です。

活剥生呑 (かっぱくせいどん)
骨肉相呑 (こつにくそうどん)
渾崙呑棗 (こんろんどんそう)
蚕食鯨呑 (さんしょくげいどん)
漆身呑炭 (しっしんどんたん)
清濁併呑 (せいだくへいどん)
生呑活剥 (せいどんかっぱく)
呑雲吐霧 (どんうんとむ)
呑花臥酒 (どんかがしゅ)
呑牛之気 (どんぎゅうのき)
呑舟之魚 (どんしゅうのうお)
呑声忍気 (どんせいにんき)
呑炭漆身 (どんたんしっしん)
呑刀刮腸 (どんとうかっちょう)
呑吐不下 (どんとふげ)
呑波之魚 (どんぱのうお)
忍気呑声 (にんきどんせい)
猛獣呑狐 (もうじゅうどんこ)
予譲呑炭 (よじょうどんたん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>