「花」の書き方

[スポンサーリンク]
花

音訓(読み): カ、はな、ケ[常用外]、あや[常用外]、はな(やか)[常用外]、はな(やぐ)[常用外]

ポイントなど:
くさかんむりは、「一」から書きはじめます。
「火花(ひばな)」、「花園(ハナゾノ)」、「花屋(はなや)」、「花嫁(はなよめ)」、「花火(はなび)」、「花束(はなたば)」、「花壇(カダン)」、「花瓶(カビン)」、「花弁(カベン)」、「花婿(はなむこ)」、「花柳界(カリュウカイ)」、「花暦(はなごよみ)」、「菊花(キッカ)」、「桜花(オウカ)」、「雌花(めばな)」、「草花(くさばな)」、「造花(ゾウカ)」、「落花(ラッカ)」、「花粉(カフン)」、「花片(はなびら)」、「花魁(おいらん、カカイ)」、「女郎花(おみなえし)」、「紫陽花(あじさい)」

書体による違い
解語之花 (かいごのはな)
花街柳巷 (かがいりゅうこう)
花顔雪膚 (かがんせっぷ)
花顔柳腰 (かがんりゅうよう)
花言巧語 (かげんこうご)
花紅柳緑 (かこうりゅうりょく)
花燭洞房 (かしょくどうぼう)
花嘴利舌 (かしりぜつ)
花晨月夕 (かしんげっせき)
花唇巧舌 (かしんこうぜつ)
火樹銀花 (かじゅぎんか)
花朝月夕 (かちょうげっせき)
花朝月夜 (かちょうげつや)
花鳥月露 (かちょうげつろ)
花天酒地 (かてんしゅち)
花柳狭斜 (かりゅうきょうしゃ)
閑花素琴 (かんかそきん)
寒花晩節 (かんかばんせつ)
鏡花水月 (きょうかすいげつ)
槿花一日 (きんかいちじつ)
槿花一朝 (きんかいっちょう)
金枝花萼 (きんしかがく)
錦上添花 (きんじょうてんか)
空花乱墜 (くうげらんつい)
黄花晩節 (こうかばんせつ)
巧語花言 (こうごかげん)
枯木開花 (こぼくかいか)
枯木生花 (こぼくせいか)
借花献仏 (しゃっかけんぶつ)
羞花閉月 (しゅうかへいげつ)
羞月閉花 (しゅうげつへいか)
春花秋月 (しゅんかしゅうげつ)
尋花問柳 (じんかもんりゅう)
人面桃花 (じんめんとうか)
水月鏡花 (すいげつきょうか)
折花攀柳 (せっかはんりゅう)
雪膚花貌 (せっぷかぼう)
雪月風花 (せつげつふうか)
先花後果 (せんかごか)
走馬看花 (そうばかんか)
鳥語花香 (ちょうごかこう)
鉄樹開花 (てつじゅかいか)
天花乱墜 (てんからんつい)
天香桂花 (てんこうけいか)
甜語花言 (てんごかげん)
桃花癸水 (とうかきすい)
洞房花燭 (どうぼうかしょく)
呑花臥酒 (どんかがしゅ)
敗柳残花 (はいりゅうざんか)
花八層倍 (はなはっそうばい)
飛花落葉 (ひからくよう)
飛絮漂花 (ひじょひょうか)
飛絮流花 (ひじょりゅうか)
百花斉放 (ひゃっかせいほう)
百花繚乱 (ひゃっかりょうらん)
風花雪月 (ふうかせつげつ)
浮花浪蕊 (ふかろうずい)
閉月羞花 (へいげつしゅうか)
遍地開花 (へんちかいか)
問柳尋花 (もんりゅうじんか)
落花啼鳥 (らっかていちょう)
落花繽紛 (らっかひんぷん)
落花流水 (らっかりゅうすい)
柳暗花明 (りゅうあんかめい)
柳巷花街 (りゅうこうかがい)
流水落花 (りゅうすいらっか)
柳陌花街 (りゅうはくかがい)
柳媚花明 (りゅうびかめい)
柳緑花紅 (りゅうりょくかこう)
路花墻柳 (ろかしょうりゅう)
路柳墻花 (ろりゅうしょうか)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>