「非」の書き方

[スポンサーリンク]
非

音訓(読み): ヒ、わる(い)[常用外]、あら(ず)[常用外]、そし(る)[常用外]

ポイントなど:
各々の画の書き方に留意しましょう。
「是非(ゼヒ)」、「非常(ヒジョウ)」、「非難(ヒナン)」

悪逆非道 (あくぎゃくひどう)
有情非情 (うじょうひじょう)
拒諫飾非 (きょかんしょくひ)
曲直是非 (きょくちょくぜひ)
口是心非 (こうぜしんひ)
今是昨非 (こんぜさくひ)
強悪非道 (ごうあくひどう)
強欲非道 (ごうよくひどう)
極悪非道 (ごくあくひどう)
才学非凡 (さいがくひぼん)
昨非今是 (さくひこんぜ)
残虐非道 (ざんぎゃくひどう)
残酷非道 (ざんこくひどう)
残忍非道 (ざんにんひどう)
尺璧非宝 (せきへきひほう)
浅学非才 (せんがくひさい)
是非曲直 (ぜひきょくちょく)
是非正邪 (ぜひせいじゃ)
是非善悪 (ぜひぜんあく)
是非之心 (ぜひのこころ)
善悪是非 (ぜんあくぜひ)
大逆非道 (たいぎゃくひどう)
大欲非道 (たいよくひどう)
転倒是非 (てんとうぜひ)
天道是非 (てんどうぜひ)
白馬非馬 (はくばひば)
非義非道 (ひぎひどう)
非常之勲 (ひじょうのくん)
非常之功 (ひじょうのこう)
非常之士 (ひじょうのし)
非常之人 (ひじょうのひと)
非僧非俗 (ひそうひぞく)
非難囂囂 (ひなんごうごう)
非風非旛 (ひふうひはん)
非礼之礼 (ひれいのれい)
非驢非馬 (ひろひば)
不義非道 (ふぎひどう)
物是人非 (ぶつぜじんぴ)
文過飾非 (ぶんかしょくひ)
暴虐非道 (ぼうぎゃくひどう)
凡俗非議 (ぼんぞくひぎ)
無理非道 (むりひどう)
面目全非 (めんぼくぜんひ)
理非曲直 (りひきょくちょく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
漢字の正しい書き順(筆順)のFacebookページです。更新情報など。
管理者推薦
 <<    >>