「枕」の書き方

[スポンサーリンク]
枕

音訓(読み): まくら、シン[常用外]、チン[常用外]

ポイントなど:
きへんに、「冖」、「ノ」と書き、最後の一画は書き出し位置、形状に留意しましょう。
「枕元(まくらもと)」、「腕枕(うでまくら)」、「徒枕(あだまくら)」、「枕上(チンジョウ)」、「陶枕(トウチン)」

書体による違い
一枕黄粱 (いっちんのこうりょう)
円木警枕 (えんぼくけいちん)
円木警枕 (えんぼくのけいちん)
邯鄲之枕 (かんたんのまくら)
懸腕枕腕 (けんわんちんわん)
高枕安臥 (こうちんあんが)
高枕安寝 (こうちんあんしん)
高枕安眠 (こうちんあんみん)
高枕無憂 (こうちんむゆう)
扇枕温衾 (せんちんおんきん)
扇枕温席 (せんちんおんせき)
扇枕温被 (せんちんおんぴ)
漱石枕流 (そうせきちんりゅう)
大衾長枕 (たいきんちょうちん)
長枕大被 (ちょうちんたいひ)
枕戈寝甲 (ちんかしんこう)
枕戈待旦 (ちんかたいたん)
枕経藉書 (ちんけいしゃしょ)
枕流漱石 (ちんりゅうそうせき)
枕冷衾寒 (ちんれいきんかん)
同衾共枕 (どうきんきょうちん)
嚢中之枕 (のうちゅうのまくら)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>