「股」の書き方

[スポンサーリンク]
股

音訓(読み): コ、また、もも[常用外]

ポイントなど:
最後は「又」です。
「股間(コカン)」、「股関節(コカンセツ)」、「大股(おおまた)」、「内股(うちまた)」、「四股(シコ)」

書体による違い
引錐刺股 (いんすいしこ)
内股膏薬 (うちまたこうやく)
内股膏薬 (うちまたごうやく)
懸頭刺股 (けんとうしこ)
懸頭錐股 (けんとうすいこ)
懸梁刺股 (けんりょうしこ)
懸梁錐股 (けんりょうすいこ)
股肱之臣 (ここうのしん)
股肱之力 (ここうのちから)
股肱之良 (ここうのりょう)
股掌之臣 (こしょうのしん)
刺股懸頭 (しこけんとう)
刺股懸梁 (しこけんりょう)
刺股読書 (しこどくしょ)
二股膏薬 (ふたまたこうやく)
股座膏薬 (またぐらこうやく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>