「鳳」の書き方

[スポンサーリンク]
鳳

音訓(読み): ホウ、おおとり

ポイントなど:
「鳥」の上の横線を忘れずに書きましょう。
「鳳凰(ホウオウ)」。「鳳」は雄で、「凰」は雌のようです。

鴉巣生鳳 (あそうせいほう)
臥竜鳳雛 (がりゅうほうすう)
臥竜鳳雛 (がりょうほうすう)
景星鳳凰 (けいせいほうおう)
高鳳漂麦 (こうほうひょうばく)
彩鳳随鴉 (さいほうずいあ)
随鴉彩鳳 (ずいあさいほう)
騰蛟起鳳 (とうこうきほう)
攀竜附鳳 (はんりゅうふほう)
攀竜附鳳 (はんりょうふほう)
伏竜鳳雛 (ふくりゅうほうすう)
伏竜鳳雛 (ふくりょうほうすう)
鳳凰于飛 (ほうおううひ)
鳳凰銜書 (ほうおうかんしょ)
鳳凰来儀 (ほうおうらいぎ)
鳳友鸞諧 (ほうゆうらんかい)
鳳友鸞交 (ほうゆうらんこう)
鸞交鳳友 (らんこうほうゆう)
鸞翔鳳集 (らんしょうほうしゅう)
竜駒鳳雛 (りゅうくほうすう)
竜章鳳姿 (りゅうしょうほうし)
竜瞳鳳頸 (りゅうどうほうけい)
竜飛鳳舞 (りゅうひほうぶ)
竜駒鳳雛 (りょうくほうすう)
竜飛鳳舞 (りょうひほうぶ)
両鳳斉飛 (りょうほうせいひ)
両鳳連飛 (りょうほうれんひ)
両鳳連飛 (りょうほうれんぴ)
麟角鳳嘴 (りんかくほうし)
麟子鳳雛 (りんしほうすう)
麟鳳亀竜 (りんほうきりゅう)
麟鳳亀竜 (りんぽうきりゅう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>