「賤」の書き方

[スポンサーリンク]
賤

音訓(読み): セン、ゼン、やす(い)、いや(しい)、しず、あや(しい)、あや(しめる)

ポイントなど:
かいへんに、「戈」、「戈」です。
「下賤(ゲセン)」、「貴賤(キセン)」、「賤価(センカ)」

一貴一賤 (いっきいっせん)
貴耳賤目 (きじせんもく)
貴賤雅俗 (きせんがぞく)
貴賤上下 (きせんしょうか)
貴賤上下 (きせんじょうげ)
貴賤男女 (きせんだんじょ)
貴賤貧富 (きせんひんぷ)
貴賤老少 (きせんろうしょう)
貴賤老若 (きせんろうにゃく)
衆怒衆賤 (しゅうどしゅうせん)
上下貴賤 (しょうかきせん)
賤斂貴出 (せんれんきしゅつ)
賤斂貴発 (せんれんきはつ)
販賤売貴 (はんせんばいき)
貧賤驕人 (ひんせんきょうじん)
貧賤之知 (ひんせんのち)
貧賤之交 (ひんせんのまじわり)
貧賤憂戚 (ひんせんゆうせき)
貧富貴賤 (ひんぷきせん)
老若貴賤 (ろうにゃくきせん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>