「丁」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「丁」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

チョウ テイ トウ[常用外] ひのと[常用外] わかもの[常用外] 丁たる(あたる) あ(たる)[常用外]

ポイントなど

横線から書き始めます。
「甲乙丙丁(コウオツヘイチョウ)」、「丁字路(テイジロ)」、「丁数(チョウスウ)」、「丁寧(テイネイ)」、「二丁目(ニチョウメ)」、「落丁(ラクチョウ)」、「包丁(ホウチョウ)」、「丁度(チョウド)」、「改丁(カイチョウ)」、「正丁(セイテイ)」、「沈丁花(じんちようげ)」、「丁子(チョウジ)」、「丁髷(ちょんまげ)」
「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」は「十干(ジッカン)」です。読みは「コウ オツ ヘイ テイ ボ キ コウ シン ジン キ」、または、「きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ つちのと かのえ かのと みずのえ みずのと」です。

書体による違い

漢字「丁」の書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

慇懃丁重 (いんぎんていちょう)
温和丁寧 (おんわていねい)
孤苦零丁 (こくれいてい)
懇切丁寧 (こんせつていねい)
丁丁発止 (ちょうちょうはっし)
丁寧懇切 (ていねいこんせつ)
馬鹿丁寧 (ばかていねい)
庖丁解牛 (ほうていかいぎゅう)
胸突八丁 (むなつきはっちょう)
零丁孤苦 (れいていこく)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止