「付」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「付」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

フ 付ける(つける) つ(ける) 付く(つく) つ(く) 付える(あたえる) あた(える)[常用外]

ポイントなど

にんべんに、「寸」です。
「給付(キュウフ)」、「交付(コウフ)」、「受付(うけつけ)」、「添付(テンプ)」、「貼付(チョウフ・テンプ)」、「付与(フヨ)」、「奥付(おくづけ)」、「還付(カンプ)」、「寄付(キフ)」、「付箋(フセン)」、「御座付(おざつき)」、「御墨付(おすみつき)」、「書付(かきつけ)」、「心付(こころづけ)」、「尾頭付(おかしらつき)」、「付和雷同(フワライドウ)」

書体による違い

漢字「付」の書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

阿付雷同 (あふらいどう)
群蟻付羶 (ぐんぎふせん)
牽強付会 (けんきょうふかい)
趨炎付熱 (すうえんふねつ)
踏足付耳 (とうそくふじ)
付会穿鑿 (ふかいせんさく)
付会之説 (ふかいのせつ)
付耳之言 (ふじのげん)
付贅懸疣 (ふぜいけんゆう)
付着重畳 (ふちゃくちょうじょう)
付和随行 (ふわずいこう)
雷同付加 (らいどうふか)
雷同付和 (らいどうふわ)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止