「束」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「束」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

ソク たば つか[常用外] 束ねる(つかねる) つか(ねる)[常用外]

ポイントなど

横線の次は、「口」です。
「花束(はなたば)」、「結束(ケッソク)」、「拘束(コウソク)」、「装束(ショウゾク)」、「束縛(ソクバク)」、「約束(ヤクソク)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

羈束裁量 (きそくさいりょう)
束錦加璧 (そくきんかへき)
束手束脚 (そくしゅそくきゃく)
束手無策 (そくしゅむさく)
束皙竹簡 (そくせきちくかん)
束帛加璧 (そくはくかへき)
束髪封帛 (そくはつふうはく)
束馬懸車 (そくばけんしゃ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止