「私」の書き方

[スポンサーリンク]
私

音訓(読み): シ わたくし わたし 私か(ひそか)ひそ(か)[常用外]

ポイントなど:
のぎへんと、つくりのバランスに留意しましょう。
「公私(コウシ)」、「私財(シザイ)」、「私淑(シシュク)」、「私塾(シジュク)」、「私邸(シテイ)」、「私腹(シフク)」、「私立(シリツ)」、「私情(シジョウ)」、「私心(シシン)」、「私利私欲シリシヨク)」、「公平無私(コウヘイムシ)」、「則天去私(ソクテンキョシ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
烏鳥私情 (うちょうのしじょう)
枉法徇私 (おうほうじゅんし)
仮公済私 (かこうさいし)
我利私欲 (がりしよく)
兼愛無私 (けんあいむし)
公正無私 (こうせいむし)
公平無私 (こうへいむし)
私怨私欲 (しえんしよく)
徇私舞弊 (じゅんしぶへい)
則天去私 (そくてんきょし)
大公無私 (たいこうむし)
忘家忘私 (ぼうかぼうし)
無私無偏 (むしむへん)
無欲無私 (むよくむし)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>