「並」の書き方

[スポンサーリンク]
並

音訓(読み): ヘイ なみ 並べる(ならべる)なら(べる) 並ぶ(ならぶ)なら(ぶ) 並びに(ならびに)なら(びに)

ポイントなど:
二本の横線は、下の方を長く書きます。
「杉並木(すぎなみき)」、「並行(ヘイコウ)」、「並木(なみき)」、「並立(ヘイリツ)」、「並列(ヘイレツ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
恩威並行 (おんいへいこう)
恩威並重 (おんいへいじゅう)
恩威並用 (おんいへいよう)
斉駆並駕 (せいくへいが)
忠孝不並 (ちゅうこうふへい)
椿萱並茂 (ちんけいへいも)
椿萱並茂 (ちんけんへいも)
並駕斉駆 (へいがせいく)
並駆斉駕 (へいくせいが)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>