「取」の書き方

[スポンサーリンク]
取

音訓(読み): シュ 取る(とる)と(る)

ポイントなど:
みみへんに、「又」です。
「関取(せきとり)」、「詐取(サシュ)」、「搾取(サクシュ)」、「取材(シュザイ)」、「取捨(シュシャ)」、「摂取(セッシュ)」、「窃取(セッシュ)」、「奪取(ダッシュ)」、「聴取(チョウシュ)」、「鳥取(とっとり)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
阿諛取容 (あゆしゅよう)
猿猴取月 (えんこうしゅげつ)
火中取栗 (かちゅうしゅりつ)
逆取順守 (ぎゃくしゅじゅんしゅ)
舎生取義 (しゃせいしゅぎ)
舎短取長 (しゃたんしゅちょう)
取捨選択 (しゅしゃせんたく)
取争之術 (しゅそうのじゅつ)
取長補短 (しゅちょうほたん)
進取果敢 (しんしゅかかん)
摂取不捨 (せっしゅふしゃ)
断章取意 (だんしょうしゅい)
断章取義 (だんしょうしゅぎ)
量才取用 (りょうさいしゅよう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>