「奇」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「奇」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

キ 奇し(くし) く(し)[常用外] 奇しい(めずらしい) めずら(しい)[常用外] 奇しい(あやしい) あや(しい)[常用外]

ポイントなど

「大」に「可」です。
「奇異(キイ)」、「奇怪(キカイ)」、「奇矯(キキョウ)」、「奇襲(キシュウ)」、「奇数(キスウ)」、「奇妙(キミョウ)」、「数奇屋(すきや)」、「珍奇(チンキ)」、「奇抜(キバツ)」、「奇想天外(キソウテンガイ)」、「奇策(キサク)」

書体による違い

漢字「奇」の書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

合縁奇縁 (あいえんきえん)
逸事奇聞 (いつじきぶん)
異聞奇譚 (いぶんきたん)
雨奇晴好 (うきせいこう)
怪怪奇奇 (かいかいきき)
魁梧奇偉 (かいごきい)
怪絶奇絶 (かいぜつきぜつ)
海内奇士 (かいだいのきし)
夏雲奇峰 (かうんきほう)
轗軻数奇 (かんかすうき)
奇異荒唐 (きいこうとう)
奇怪至極 (きかいしごく)
奇怪千万 (きかいせんばん)
奇貨可居 (きかかきょ)
奇岩怪石 (きがんかいせき)
奇奇怪怪 (ききかいかい)
奇奇妙妙 (ききみょうみょう)
奇技淫巧 (きぎいんこう)
奇策縦横 (きさくじゅうおう)
奇策妙計 (きさくみょうけい)
奇絶怪絶 (きぜつかいぜつ)
奇想天外 (きそうてんがい)
機知奇策 (きちきさく)
奇怪千万 (きっかいせんばん)
奇妙奇態 (きみょうきたい)
巧発奇中 (こうはつきちゅう)
高邁奇偉 (こうまいきい)
斬新奇抜 (ざんしんきばつ)
出奇制勝 (しゅっきせいしょう)
晴好雨奇 (せいこううき)
操奇計贏 (そうきけいえい)
珍聞奇聞 (ちんぶんきぶん)
複雑怪奇 (ふくざつかいき)
複雑奇怪 (ふくざつきかい)
妙計奇策 (みょうけいきさく)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止