「底」の書き方

[スポンサーリンク]
底

音訓(読み): テイ そこ

ポイントなど:
「氏」の下に横線を書きます。
「奥底(おくそこ)」、「海底(カイテイ)」、「底流(テイリュウ)」、「底力(そこぢから)」、「徹底(テッテイ)」、「到底(トウテイ)」、「払底(フッテイ)」、「底辺(テイヘン)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
一韻到底 (いちいんとうてい)
海底撈月 (かいていろうげつ)
海底撈針 (かいていろうしん)
周知徹底 (しゅうちてってい)
水底撈針 (すいていろうしん)
井底之蛙 (せいていのあ)
大悟徹底 (たいごてってい)
追根究底 (ついこんきゅうてい)
追根尋底 (ついこんじんてい)
追根問底 (ついこんもんてい)
釜底抽薪 (ふていちゅうしん)
釜底游魚 (ふていのゆうぎょ)
方底円蓋 (ほうていえんがい)
流星光底 (りゅうせいこうてい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>