「施」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「施」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

シ セ 施す(ほどこす) ほどこ(す) 施く(しく) し(く)[常用外]

ポイントなど

「也」の筆順(書き順)に留意しましょう。
「施主(セシュ)」、「施政(シセイ)」、「施設(シセツ)」、「施肥(セヒ)」、「施療(セリョウ)」、「実施(ジッシ)」、「布施(フセ)」、「施策(シサク)」、「施錠(セジョウ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

雲行雨施 (うんこううし)
逆施倒行 (ぎゃくしとうこう)
首施両端 (しゅしりょうたん)
牀上施牀 (しょうじょうししょう)
西施捧心 (せいしほうしん)
倒行逆施 (とうこうぎゃくし)
博施済衆 (はくしさいしゅう)
汎愛博施 (はんあいはくし)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
[スポンサーリンク]
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止