「紛」の書き方

[スポンサーリンク]
紛

音訓(読み): フン 紛れる(まぎれる)まぎ(れる) 紛らす(まぎらす)まぎ(らす) 紛らわす(まぎらわす)まぎ(らわす) 紛らわしい(まぎらわしい)まぎ(らわしい) 紛れる(みだれる)みだ(れる)[常用外] 紛う(まがう)まが(う)[常用外] 紛れ(まぐれ)まぐ(れ)[常用外]

ポイントなど:
いとへんに、「分」です。
※楷書の一般的な「いとへん」の字形については補足をご参照ください。
「内紛(ナイフン)」、「紛糾(フンキュウ)」、「紛失(フンシツ)」、「紛争(フンソウ)」
補足:書体による「いとへん」の違いについて

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
海内紛擾 (かいだいふんじょう)
議論紛紛 (ぎろんふんぷん)
雑然紛然 (ざつぜんふんぜん)
諸説紛紛 (しょせつふんぷん)
事序繽紛 (じじょひんぷん)
俗臭紛紛 (ぞくしゅうふんぷん)
繁劇紛擾 (はんげきふんじょう)
紛華奢靡 (ふんかしゃび)
紛華靡麗 (ふんかびれい)
紛紅駭緑 (ふんこうがいりょく)
紛擾雑駁 (ふんじょうざっぱく)
紛擾多端 (ふんじょうたたん)
紛然雑然 (ふんぜんざつぜん)
紛紛聚訴 (ふんぷんしゅうそ)
落英繽紛 (らくえいひんぷん)
落花繽紛 (らっかひんぷん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>