「紫」の書き方

[スポンサーリンク]
紫

音訓(読み): シ むらさき

ポイントなど:
「止」、「ヒ」、「糸」のバランスに注意しましょう。
「紫煙(シエン)」、「紫外線(シガイセン)」、「紫紺(シコン)」、「紫色(むらさきいろ)」、「紫陽花(あじさい)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
魏紫姚黄 (ぎししょうこう)
黄旗紫蓋 (こうきしがい)
山紫水明 (さんしすいめい)
紫幹翠葉 (しかんすいよう)
紫髯緑眼 (しぜんりょくがん)
紫電清霜 (しでんせいそう)
紫緋紋綾 (しひもんりょう)
紫瀾洶湧 (しらんきょうゆう)
紫電一閃 (じてんいっせん)
水紫山明 (すいしさんめい)
斉紫敗素 (せいしはいそ)
千紅万紫 (せんこうばんし)
千紫万紅 (せんしばんこう)
万紫千紅 (ばんしせんこう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>