「嘆」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「嘆」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

タン 嘆く(なげく) なげ(く) 嘆かわしい(なげかわしい) なげ(かわしい)

ポイントなど

最後の「人」は、「口」の中から書き始めます。
「詠嘆(エイタン)」、「慨嘆(ガイタン)」、「驚嘆(キョウタン)」、「嘆願(タンガン)」、「嘆息(タンソク)」、「感嘆(カンタン)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

哀訴嘆願 (あいそたんがん)
一読三嘆 (いちどくさんたん)
一唱三嘆 (いっしょうさんたん)
恐惶嘆願 (きょうこうたんがん)
仰天長嘆 (ぎょうてんちょうたん)
才難之嘆 (さいなんのたん)
車魚之嘆 (しゃぎょのたん)
車魚之嘆 (しゃぎょのなげき)
人琴之嘆 (じんきんのたん)
積薪之嘆 (せきしんのたん)
川上之嘆 (せんじょうのたん)
嘆息嗟嘆 (たんそくさたん)
遅暮之嘆 (ちぼのたん)
瞠若驚嘆 (どうじゃくきょうたん)
破鏡之嘆 (はきょうのなげき)
麦秀之嘆 (ばくしゅうのたん)
麦秀之嘆 (ばくしゅうのなげき)
髀肉之嘆 (ひにくのたん)
風樹之嘆 (ふうじゅのたん)
北門之嘆 (ほくもんのたん)
望蜀之嘆 (ぼうしょくのたん)
望洋興嘆 (ぼうようこうたん)
亡羊之嘆 (ぼうようのたん)
望洋之嘆 (ぼうようのたん)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止