「読」の書き方

[スポンサーリンク]
読

音訓(読み): ドク トク トウ 読む(よむ)よ(む)

ポイントなど:
「売」の「士」は上の横線を長く書きます。
「愛読(アイドク)」、「音読(オンドク)」、「句読点(クトウテン)」、「購読(コウドク)」、「通読(ツウドク)」、「読経(どきょう)」、「読書(ドクショ)」、「読点(トウテン)」、「読本(ドクホン)」、「朗読(ロウドク)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
一読三嘆 (いちどくさんたん)
閑窓読書 (かんそうどくしょ)
孤灯読書 (ことうどくしょ)
刺股読書 (しこどくしょ)
熟読玩味 (じゅくどくがんみ)
熟読三思 (じゅくどくさんし)
晴耕雨読 (せいこううどく)
聖読庸行 (せいどくようこう)
読書三到 (どくしょさんとう)
読書三余 (どくしょさんよ)
読書三昧 (どくしょざんまい)
読書尚友 (どくしょしょうゆう)
読書百遍 (どくしょひゃっぺん)
読書亡羊 (どくしょぼうよう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>