「静」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「静」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

セイ ジョウ しず 静か(しずか) しず(か) 静まる(しずまる) しず(まる) 静める(しずめる) しず(める)

ポイントなど

「青」に「争」です。
最後に一画をしっかり書きましょう。
「安静(アンセイ)」、「閑静(カンセイ)」、「静穏(セイオン)」、「静止(セイシ)」、「静寂(セイジャク)」、「静粛(セイシュク)」、「静脈(ジョウミャク)」、「鎮静(チンセイ)」、「静電気(セイでんき)」、「静養(セイヨウ)」、「平静(ヘイセイ)」、「静岡(しずおか)」

書体による違い

漢字「静」の書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

鴉黙雀静 (あもくじゃくせい)
安閑恬静 (あんかんてんせい)
暗黒沈静 (あんこくちんせい)
起居動静 (きこどうじょう)
虚静恬淡 (きょせいてんたん)
枯淡虚静 (こたんきょせい)
神怡心静 (しんいしんせい)
静寂閑雅 (せいじゃくかんが)
絶対安静 (ぜったいあんせい)
沈着冷静 (ちんちゃくれいせい)
敦篤虚静 (とんとくきょせい)
動静云為 (どうせいうんい)
平心静気 (へいしんせいき)
冷静沈着 (れいせいちんちゃく)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止