「魂」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「魂」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

コン たましい たま[常用外]

ポイントなど

「云」に、「鬼」です。
「魂胆(コンタン)」、「商魂(ショウコン)」、「面魂(つらだましい)」、「霊魂(レイコン)」、「鎮魂(チンコン)」
※「入魂」は、読みによって意味が異なります。
(ニュウコン)その物に精神をそそぎこむこと。
(ジッコン)親しくつきあう間柄。懇意。

書体による違い

漢字「魂」の書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

黯然銷魂 (あんぜんしょうこん)
還魂起死 (かんこんきし)
驚魂悸魄 (きょうこんきはく)
驚魂動魄 (きょうこんどうはく)
魂銷魄散 (こんしょうはくさん)
魂飛胆裂 (こんひたんれつ)
魂飛魄散 (こんひはくさん)
士魂商才 (しこんしょうさい)
失魂喪魄 (しっこんそうはく)
失魂落魄 (しっこんらくはく)
忠魂義胆 (ちゅうこんぎたん)
霊魂不滅 (れいこんふめつ)
和魂漢才 (わこんかんさい)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止