「摩」の書き方

[スポンサーリンク]
摩

音訓(読み): 摩る(する)す(る)[常用外] 摩る(こする)こす(る)[常用外] 摩る(さする)さす(る)[常用外]

ポイントなど:
「林」よりも「手」をやや大きめに書きます。
「摩擦(マサツ)」、「摩天楼(マテンロウ)」、「按摩(アンマ)」、「肩摩轂撃(ケンマコクゲキ)」、「護摩(ゴマ)」、「薩摩(サツマ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
憶測揣摩 (おくそくしま)
肩摩轂撃 (けんまこくげき)
轂撃肩摩 (こくげきけんま)
揣摩臆測 (しまおくそく)
揣摩憶測 (しまおくそく)
揣摩臆断 (しまおくだん)
揣摩迎合 (しまげいごう)
僧伽藍摩 (そうぎゃらんま)
如意摩尼 (にょいまい)
摩訶止観 (まかしかん)
摩肩接踵 (まけんせっしょう)
摩頂放踵 (まちょうほうしょう)
維摩一黙 (ゆいまいちもく)
維摩一黙 (ゆいまのいちもく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>