「親」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「親」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

シン おや 親しい(したしい) した(しい) 親しむ(したしむ) した(しむ) 親ら(みずから) みずか(ら)[常用外]

ポイントなど

「立」、「木」、「見」の順に書きます。
「懇親会(コンシンカイ)」、「親王(シンノウ)」、「親子(おやこ)」、「親心(おやごころ)」、「親身(シンみ)」、「親戚(シンセキ)」、「親切(シンセツ)」、「親船(おやぶね)」、「親疎(シンソ)」、「親族(シンゾク)」、「親睦(シンボク)」、「親友(シンユウ)」、「肉親(ニクシン)」、「父親(ちちおや)」、「母親(ははおや)」、「両親(リョウシン)」、「親類(シンルイ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

親子団欒 (おやこだんらん)
怨親平等 (おんしんびょうどう)
瓜葛之親 (かかつのしん)
軻親断機 (かしんだんき)
形影相親 (けいえいそうしん)
骨肉之親 (こつにくのしん)
孤立無親 (こりつむしん)
親戚眷属 (しんせきけんぞく)
親戚故旧 (しんせきこきゅう)
親戚知友 (しんせきちゆう)
親戚朋友 (しんせきほうゆう)
尊尚親愛 (そんしょうしんあい)
大義滅親 (たいぎめっしん)
天道無親 (てんどうむしん)
灯火可親 (とうかかしん)
内疎外親 (ないそがいしん)
白雲親舎 (はくうんしんしゃ)
老婆親切 (ろうばしんせつ)
六親不和 (ろくしんふわ)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
[スポンサーリンク]
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止