「優」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「優」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

ユウ 優しい(やさしい) やさ(しい) 優れる(すぐれる) すぐ(れる) ウ[常用外] わざおぎ[常用外] 優らぐ(やわらぐ) やわ(らぐ)[常用外] 優か(ゆたか) ゆた(か)[常用外] 優る(まさる) まさ(る)[常用外]

ポイントなど

にんべんに、「憂」です。
「俳優(ハイユウ)」、「優越(ユウエツ)」、「優雅(ユウガ)」、「優秀(ユウシュウ)」、「優柔(ユウジュウ)」、「優勝(ユウショウ)」、「優勢(ユウセイ)」、「優良(ユウリョウ)」、「優良児(ユウリョウジ)」、「優劣(ユウレツ)」、「声優(セイユウ)」、「優柔不断(ユウジュウフダン)」、「優勝劣敗(ユウショウレッパイ)」、「優曇華(うどんげ)」、「優游自適(ユウユウジテキ)」

書体による違い

漢字「優」の書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

温良優順 (おんりょうゆうじゅん)
歌舞優楽 (かぶゆうらく)
優婉閑雅 (ゆうえんかんが)
優勝劣敗 (ゆうしょうれっぱい)
優柔寡断 (ゆうじゅうかだん)
優柔不断 (ゆうじゅうふだん)
優美高妙 (ゆうびこうみょう)
優孟衣冠 (ゆうもういかん)
優孟衣冠 (ゆうもうのいかん)
優游涵泳 (ゆうゆうかんえい)
優悠閑適 (ゆうゆうかんてき)
優游不断 (ゆうゆうふだん)
優游不迫 (ゆうゆうふはく)

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止