「昧」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「昧」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

マイ バイ[常用外] 昧い(くらい) くら(い)[常用外]

ポイントなど

ひへんに、「未」です。
「三昧(サンマイ)」、「曖昧(アイマイ)」

[スポンサーリンク]

書体による違い

書体による字形の違いを以下に示します。左から、ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体の一般的な字形です。

漢字「昧」の書体による違い

四字熟語

曖昧模糊 (あいまいもこ)
一行三昧 (いちぎょうざんまい)
開闢草昧 (かいびゃくそうまい)
愚昧無知 (ぐまいむち)
兼弱攻昧 (けんじゃくこうまい)
賢明愚昧 (けんめいぐまい)
戯作三昧 (げさくざんまい)
贅沢三昧 (ぜいたくざんまい)
天造草昧 (てんぞうそうまい)
読書三昧 (どくしょざんまい)
念仏三昧 (ねんぶつざんまい)
風流三昧 (ふうりゅうざんまい)
不昧不落 (ふまいふらく)
不落不昧 (ふらくふまい)
放蕩三昧 (ほうとうざんまい)
法華三昧 (ほっけざんまい)
無知愚昧 (むちぐまい)
無知蒙昧 (むちもうまい)
野蛮草昧 (やばんそうまい)
遊蕩三昧 (ゆうとうざんまい)
遊戯三昧 (ゆげざんまい)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止