「戴」の書き方

[スポンサーリンク]
戴

音訓(読み): タイ 戴く(いただく)いただ(く)[常用外]

ポイントなど:
「十」、横線、「異」、の順に書いていきます。
部首は「戈(ほこづくり)」です。
「戴冠(タイカン)」、「頂戴(チョウダイ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
含牙戴角 (がんがたいかく)
倶不戴天 (ぐふたいてん)
子猷尋戴 (しゆうじんたい)
垂髫戴白 (すいちょうたいはく)
垂髪戴白 (すいはつたいはく)
雪夜訪戴 (せつやほうたい)
戴逵破琴 (たいきはきん)
戴月披星 (たいげつひせい)
戴封積薪 (たいほうせきしん)
戴盆望天 (たいぼんぼうてん)
張冠李戴 (ちょうかんりたい)
披星戴月 (ひせいたいげつ)
不倶戴天 (ふぐたいてん)
巫馬戴星 (ふばたいせい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>