「斉」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「斉」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

セイ サイ[常用外] シ[常用外] 斉しい(ひとしい) ひと(しい)[常用外] 斉う(ととのう) ととの(う)[常用外] 斉しくする(ひとしくする) ひと(しくする)[常用外] 斉える(ととのえる) ととの(える)[常用外] 斉しく(ひとしく) ひと(しく)[常用外]

ポイントなど

「文」の下は、左縦、横、横、右縦、です。
※「」「」は別字です。混同しやすいので注意しましょう。
」は旧字体です。
「一斉(イッセイ)」、「斉唱(セイショウ)」、「均斉(キンセイ)」、「徇斉(ジュンセイ)」、「散斉(サンサイ)」、「整斉(セイセイ)」、「斉一(セイイツ)」、「斉家(セイカ)」、「斉均(セイキン)」、「斉駆(セイク)」、「斉敬(セイケイ)」、「斉肩(セイケン)」、「斉限(セイゲン)」、「斉粛(セイシュク)」、「斉心(セイシン)」、「斉斉(セイセイ)」、「斉聖(セイセイ)」、「斉整(セイセイ)」、「斉民(セイミン)」、「斉慄(セイリツ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

挙案斉眉 (きょあんせいび)
見賢思斉 (けんけんしせい)
斬衰斉衰 (ざんさいしさい)
修身斉家 (しゅうしんせいか)
参差不斉 (しんしふせい)
斉駆並駕 (せいくへいが)
斉紫敗素 (せいしはいそ)
斉東野語 (せいとうやご)
斉東野人 (せいとうやじん)
双管斉下 (そうかんせいか)
等量斉視 (とうりょうせいし)
伯夷叔斉 (はくいしゅくせい)
万物一斉 (ばんぶついっせい)
万物斉同 (ばんぶつせいどう)
百花斉放 (ひゃっかせいほう)
並駕斉駆 (へいがせいく)
並駆斉駕 (へいくせいが)
方駕斉駆 (ほうがせいく)
戮力斉心 (りくりょくせいしん)
利鈍斉列 (りどんせいれつ)
両鳳斉飛 (りょうほうせいひ)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止