「殺」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「殺」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

サツ サイ セツ 殺す(ころす) ころ(す) 殺ぐ(そぐ) そ(ぐ)[常用外] 殺らす(へらす) へ(らす)[常用外]

ポイントなど

「メ」の一画目は「ノ」です。
「虐殺(ギャクサツ)」、「絞殺(コウサツ)」、「殺菌(サッキン)」、「殺人(サツジン)」、「殺生(セッショウ)」、「殺到(サットウ)」、「殺伐(サツバツ)」、「惨殺(ザンサツ)」、「斬殺(ザンサツ)」、「相殺(ソウサイ)」、「悩殺(ノウサツ)」、「忙殺(ボウサツ)」、「撲殺(ボクサツ)」、「抹殺(マッサツ)」、「黙殺(モクサツ)」、「殺虫剤(サッチュウザイ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体

四字熟語

一殺多生 (いっさつたしょう)
一殺多生 (いっせつたしょう)
一筆抹殺 (いっぴつまっさつ)
活殺生死 (かっさつしょうじ)
活殺自在 (かっさつじざい)
割腹自殺 (かっぷくじさつ)
矯角殺牛 (きょうかくさつぎゅう)
殺頭便冠 (さいとうべんかん)
殺妻求将 (さっさいきゅうしょう)
殺生与奪 (さっせいよだつ)
殺伐激越 (さつばつげきえつ)
自殺行為 (じさつこうい)
寸鉄殺人 (すんてつさつじん)
生殺与奪 (せいさつよだつ)
殺生禁断 (せっしょうきんだん)
曾参殺人 (そうしんさつじん)
逢祖殺仏 (ほうそさつぶつ)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止