「乾」の書き方

[スポンサーリンク]
乾

音訓(読み): カン 乾く(かわく)かわ(く) 乾かす(かわかす)かわ(かす) ケン[常用外] いぬい[常用外] 乾す(ほす)ほ(す)[常用外]

ポイントなど:
「乙」は一画です。
「乾漆(カンシツ)」、「乾燥(カンソウ)」、「乾電池(カンデンチ)」、「乾杯(カンパイ)」、「乾板(カンパン)」、「乾布摩擦(カンプマサツ)」

書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
一擲乾坤 (いってきけんこん)
乾乾浄浄 (かんかんじょうじょう)
乾舌焦唇 (かんぜつしょうしん)
乾燥無味 (かんそうむみ)
外強中乾 (がいきょうちゅうかん)
外沢中乾 (がいたくちゅうかん)
外腴中乾 (がいゆちゅうかん)
乾坤一擲 (けんこんいってき)
乾端坤倪 (けんたんこんげい)
焦唇乾舌 (しょうしんかんぜつ)
唇乾口燥 (しんかんこうそう)
旋乾転坤 (せんけんてんこん)
旋転乾坤 (せんてんけんこん)
無味乾燥 (むみかんそう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>