「坐」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「坐」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

ザ 坐る(すわる) すわ(る) 坐ながら(いながら) い(ながら) 坐ろに(そぞろに) そぞ(ろに) 坐す(おわす) おわ(す)

ポイントなど

「人」、「人」、縦、横、横、です。
現代表記では「座」に書き換えられます。
「坐薬(ザヤク)」

[スポンサーリンク]

書体による違い

書体による字形の違いを以下に示します。左から、ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体の一般的な字形です。

漢字「坐」の書体比較

四字熟語

塊然独坐 (かいぜんどくざ)
割席分坐 (かっせきぶんざ)
行住坐臥 (ぎょうじゅうざが)
坐臥行歩 (ざがこうほ)
坐作進退 (ざさしんたい)
坐視不救 (ざしふきゅう)
坐食逸飽 (ざしょくいつほう)
坐薪懸胆 (ざしんけんたん)
坐破寒氈 (ざはかんせん)
只管打坐 (しかんたざ)
常住坐臥 (じょうじゅうざが)
稠人広坐 (ちゅうじんこうざ)
跛立箕坐 (はりゅうきざ)
反逆縁坐 (はんぎゃくえんざ)
宥坐之器 (ゆうざのき)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止