「異字同訓」の漢字の使い分けを例示した報告書が公開されました。


2月21日(金)、常用漢字表のうち「のぼる(上・登・昇)」など読みが同じ「異字同訓」の漢字の使い分けを例示した報告書が公表されました。
1972年に国語審議会(当時)が示した参考資料などを、文化審議会国語分科会が見直したものです。

下記が公開された報告書へのリンクです。

文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 文化審議会国語分科会

報告・答申等のページ
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/houkoku.html


「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)について(平成26年2月21日)(PDF形式(928KB))
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/pdf/ijidoukun_140221.pdf

お気付きの点に関しては掲示板へお願いいたします。

キーワード:書き方 書き順 筆順