「絆」の書き方

日本で一般的に用いられている「書き順(筆順)」「書き方」の紹介・解説です。
[スポンサーリンク]

筆順(書き順)アニメーション・教科書体イメージ・文字分類

漢字「絆」の筆順(書き順)解説アニメーション

音訓(読み)

ハン バン きずな ほだし 絆れる(ほだされる) ほださ(れる)

ポイントなど

いとへんに、「「半」の旧字体」(「半」の旧字体)(「八」「二」「丨」)です。
「絆創膏(バンソウコウ)」
「絆」は、2011年の「今年の漢字」に選ばれました。

字体について:当用漢字表(1946年(昭和21年))、当用漢字字体表(1949年(昭和24年))は、「異体の統合,略体の採用,点画の整理などをはかるとともに,筆写の習慣,学習の難易をも考慮した。なお,印刷字体と筆写字体とをできるだけ一致させることをたてまえ」として制定されました。
「半」の1,2画目は、印刷字体(明朝体)では「「半」の旧字体」(「ハ」の字体)、筆写字体(手書き)では「ソ」であったものが、当用漢字表の制定によって、「半」は「ソ」のものが新字体となりました。
当用漢字表に選定されなかった漢字(表外)の字体については考慮されなかったため、印刷字体は「「半」の旧字体(「ハ」の字体)」となっています。
(常用漢字表へ追加される場合、それまでの通用字体は旧字体として、人名用漢字に追加されています)

草書の字形を下に示します。一般的な筆写で用いられる楷書とは筆順(書き順)が異なることが分かります。


補足:書体による「いとへん」の違いについて

四字熟語

手甲脚絆 (てっこうきゃはん)
不羈不絆 (ふきふはん)
不屈不絆 (ふくつふはん)
[スポンサーリンク]

筆画と筆順

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

日本漢字能力検定を受験される方へ

日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >> 
アマゾンtop10
利用規約
© kakijun 管理者宛メールフォーム
2002 -
無断転載禁止