「上」の書き方

[スポンサーリンク]
上

音訓(読み): ジョウ ショウ うえ うわ かみ 上げる(あげる) あ(げる) 上がる(あがる) あ(がる) 上る(のぼる) のぼ(る) 上せる(のぼせる) のぼ(せる) 上す(のぼす) のぼ(す) ほとり[常用外] 上る(たてまつる) たてまつ(る)[常用外]

ポイントなど:
縦、短い横、長い横の順に書きます。
「筆順指導の手びき」での筆順(書き順)です。
※楷書では一般的に横線から書きます。

(参考)「├」の形を構成要素とする漢字には、「|」「-」の筆順(書き順)のみである「止」「正」「足」「走」「武」などと、「-」「|」の筆順(書き順)も使われている「上」「点」「店」などがあり、1958年(昭和33年)に文部省が作成した「筆順指導の手びき」では、これを「文字の同一の構成部分は、一定の順序によって書かれるように整理されていることが、学習指導上効果的であり、能率的でもある。」として、「|」「-」の筆順(書き順)に合わせ、指導されるようになりました。
(注)として、「行書になると「-」「|」の方が多く用いられる」とあります。

「以上(イジョウ)」、「炎上(エンジョウ)」、「屋上(オクジョウ)」、「机上(キジョウ)」、「逆上(ギャクジョウ)」、「極上(ゴクジョウ)」、「献上(ケンジョウ)」、「言上(ゴンジョウ)」、「向上(コウジョウ)」、「今上(キンジョウ)」、「姉上(あねうえ)」、「上映(ジョウエイ)」、「上下(ジョウゲ)」、「上級(ジョウキュウ)」、「上京(ジョウキョウ)」、「上空(ジョウクウ)」、「上弦(ジョウゲン)」、「上司(ジョウシ)」、「上手(じょうず)」、「上旬(ジョウジュン)」、「上昇(ジョウショウ)」、「上人(ショウニン)」、「上着(うわぎ)」、「上棟(ジョウトウ)」、「上背(うわぜい)」、「上品(ジョウヒン)」、「身上(シンショウ)」、「身上(シンジョウ)」、「席上(セキジョウ)」、「川上(かわかみ)」、「遡上(ソジョウ)」、「壇上(ダンジョウ)」、「地上(チジョウ)」、「頂上(チョウジョウ)」、「呈上(テイジョウ)」、「途上(トジョウ)」、「頭上(ズジョウ)」、「売上高(うりあげだか)」、「風上(かざかみ)」、「路上(ロジョウ)」、「下剋上(ゲコクジョウ)」、「敬上(ケイジョウ)」、「計上(ケイジョウ)」、「股上(またがみ)」、「口上(コウジョウ)」、「上達(ジョウタツ)」、「汚名返上(オメイヘンジョウ)」

[異字同訓] 漢字の使い分け
あがる・あげる(上・揚・挙)【上がる・上げる】位置・程度などが高い方に動く。与える。声や音を出す。終わる。

二階に上がる。地位が上がる。料金を引き上げる。成果が上がる。腕前を上げる。お祝いの品物を上げる。歓声が上がる。雨が上がる。

【揚がる・揚げる】空中に浮かぶ。場所を移す。油で調理する。

国旗が揚がる。花火が揚(上)がる*。たこ揚げをして遊ぶ。船荷を揚げる。海外から引き揚げる。天ぷらを揚げる。

【挙がる・挙げる】はっきりと示す。結果を残す。執り行う。こぞってする。捕らえる。

例を挙げる。手が挙がる。勝ち星を挙げる。式を挙げる。国を挙げて取り組む。全力を挙げる。犯人を挙げる。

* 「花火があがる」は、「空中に浮かぶ」花火の様子に視点を置いて「揚」を当てるが、「空高く上がっていく(高い方に動く)」花火の様子に視点を置いた場合には「上」を当てることが多い。
のぼる(上・登・昇)【上る】(⇔下る)。上方に向かう。達する。取り上げられる。

階段を上る。坂を上る*。川を上る。出世コースを上る。上り列車。損害が1億円に上る。話題に上る。うわさに上る。食卓に上る。

【登る】自らの力で高い所へと移動する。

山に登る。木に登る。演壇に登る。崖をよじ登る*。富士山の登り口。

【昇る】(⇔降りる・沈む)。一気に高く上がる。

エレベーターで昇る*。日が昇(上)る*。天に昇(上)る*。高い位に昇る。

* 「坂を上る」「崖をよじ登る」「エレベーターで昇る」の「上る」「登る」「昇る」は、「上の方向に移動する」という意では共通している。この意で使う「上る」は広く一般に用いるが、「登る」は急坂や山道などを一歩一歩確実に上がっていく様子、「昇る」は一気に上がっていく様子を表すのに用いることが多い。また、「日がのぼる」「天にのぼる」の「のぼる」に「昇」と「上」のどちらも当てることができるのは、このような捉え方に基づくものである。なお、ケーブルカーなどで山にのぼる場合にも「登」を当てるのは、「登山」という語との関係やケーブルカーなどを自らの足に代わるものとして捉えた見方による。
書体による違い
(書体の例) ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体
一上一下 (いちじょういちげ)
一筆啓上 (いっぴつけいじょう)
燕巣幕上 (えんそうばくじょう)
屋上架屋 (おくじょうかおく)
汚名返上 (おめいへんじょう)
薤上之露 (かいじょうのつゆ)
夏下冬上 (かかとうじょう)
下学上達 (かがくじょうたつ)
蝸牛角上 (かぎゅうかくじょう)
火上澆油 (かじょうぎょうゆ)
火上注油 (かじょうちゅうゆ)
下陵上替 (かりょうじょうたい)
机上空論 (きじょうのくうろん)
机上之論 (きじょうのろん)
貴賤上下 (きせんしょうか)
貴賤上下 (きせんじょうげ)
錦上添花 (きんじょうてんか)
向上機縁 (こうじょうのきえん)
濠梁之上 (ごうりょうのうえ)
最上無二 (さいじょうむに)
作文三上 (さくぶんさんじょう)
砂上楼閣 (さじょうのろうかく)
三多三上 (さんたさんじょう)
至高至上 (しこうしじょう)
至高無上 (しこうむじょう)
至上一往 (しじょういちおう)
紙上談兵 (しじょうだんぺい)
紙上空論 (しじょうのくうろん)
上下一心 (しょうかいっしん)
上下貴賤 (しょうかきせん)
上下天光 (しょうかてんこう)
承上起下 (しょうじょうきか)
牀上施牀 (しょうじょうししょう)
掌上之珠 (しょうじょうのたま)
掌上明珠 (しょうじょうのめいしゅ)
事上磨錬 (じじょうまれん)
事上錬磨 (じじょうれんま)
樹下石上 (じゅかせきじょう)
樹下石上 (じゅげせきじょう)
純一無上 (じゅんいつむじょう)
上医医国 (じょういいこく)
上意下達 (じょういかたつ)
上援下推 (じょうえんかすい)
上求菩提 (じょうぐぼだい)
上行下効 (じょうこうかこう)
上行下従 (じょうこうかじゅう)
上昇気流 (じょうしょうきりゅう)
上命下達 (じょうめいかたつ)
上漏下湿 (じょうろうかしゅう)
上漏旁風 (じょうろうぼうふう)
石上樹下 (せきじょうじゅげ)
雪上加霜 (せつじょうかそう)
川上之嘆 (せんじょうのたん)
川上之歎 (せんじょうのたん)
桑間濮上 (そうかんぼくじょう)
俎上之鯉 (そじょうのこい)
俎上之肉 (そじょうのにく)
卓上演説 (たくじょうえんぜつ)
諂上欺下 (てんじょうぎか)
天上皇帝 (てんじょうこうてい)
諂上傲下 (てんじょうごうか)
天上五衰 (てんじょうごすい)
天上人間 (てんじょうじんかん)
諂上抑下 (てんじょうよくか)
頭上安頭 (とうじょうあんとう)
頭髪上指 (とうはつじょうし)
怒髪上指 (どはつじょうし)
盗人上戸 (ぬすびとじょうご)
法誉無上 (ほうよむじょう)
濮上之音 (ぼくじょうのおん)
無上趣味 (むじょうしゅみ)
無上正覚 (むじょうしょうがく)
無上菩提 (むじょうぼだい)
梁上君子 (りょうじょうのくんし)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>